haruパパ日記


フットボールと日々の記録
by harusukisuki
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
テラびしょびしょw
from お・な・に・ぃ
負けても勝ち組w
from ドンパッチ
square centi..
from square centime..
wisconisn ci..
from wisconisn circ..
law services
from law services
miami beach ..
from miami beach co..
atv 4 wheeler
from atv 4 wheeler
pes 4 guides
from pes 4 guides
acme brick c..
from acme brick com..
equestrian s..
from equestrian sto..
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

せっちゃん

せっちゃんのウエディング・ソング
最高に泣ける。
彼にとって『歌うたいのバラッド』と双極をなす、マスターピースだと断言する。というか日本の音楽史上に残る名曲。

ベストの色が強かった白盤、黒盤に次ぐ『紅盤』が3月21日に発売になる。
公式HPによると“各界のクリエーターと様々な形でコラボレーション&カバーで構成した珠玉のラブソングアルバム。アルバム全体が恋愛のストーリー性をもったラブソングアルバム”ということらしい。
勿論『ウェディング・ソング』も収録される。

「せっちゃんって誰?」って。
せっちゃんとは斉藤和義
彼は天才。
本物中の本物。

BANKBANDのライブで桜井が『唄うたいのバラッド』をカバーしていたけど、やっぱり違った。
桜井は大好きなアーティストだが、やっぱあの味を出せるのは本家本元のせっちゃんだけ。
『節(ぶし)』が違う。

ウエディング・ソングは2月14日までの期間限定でPV視聴可能
マジで泣ける(T∇T)ノ
[PR]

# by harusukisuki | 2007-02-07 23:27 | 日記

俺の青春

YMOKIRINラガーのCMで復活した。
2月3日からのOAだったそうだが、今日初めて目にした。
CMに使われているのは、RYDEENの2007年ヴァージョン。
ただかつてのRYDEENが懐かしくもある。

中学でYMOの洗礼を浴び、YMOが青春そのものだった。大袈裟でなく。
音楽という感覚的な芸術を一旦言葉に置き換えて、その何が自分の琴線に触れるのかを考える直し表現することの大切さを教えてくれたのはYMOだった。
当時彼らがインタビューなどで語る刺激的な言葉の、それこそ一文字一文字を自分のものにしようと真剣に考えていた。ホントにむさぼり読んだ。
フラクタル理論、ゆらぎ、ノマド、ホロン、ガイア仮説などという言葉はすべて彼らから学んだ。ライアル・ワトソンの本に出会ったのもYMOがきっかけだった。
火曜夜のNHK-FMで放送される教授のサウンド・ストリートが、1週間で一番重要な時間だった。
あれほど何かに一途だったことは後にも先にもない。とにかくYMOが好きだった。

CMを見て改めて思った。
細野さん、幸宏、教授、みんな歳を取った。
そして自分も。
でも歳を取ったことは問題ではない。
それがいい歳の取り方かどうか、そっちのほうが問題だ。

YMOが散開して24年。
この24年を無駄にしていなかったが、ちょとばかし心配だ・・・・。
[PR]

# by harusukisuki | 2007-02-06 22:20 | 日記

どないなってんの?

最悪である。
母校の不祥事が相次いでいる。

先日、中学はいじめを理由に女の子が自殺。その後、校長が発言した「いじめがあった」が「なかった」に切り替わったりですったもんだ。

今度は高校の校長が覚せい剤と少女買春などで週刊誌を賑わしている。
校長といっても3代目のボンボンで、自分の2年下の後輩。
少しだけだが話をしたこともある。

それにしてもこうも母校の不祥事が次から次へと出てくると・・・・。
[PR]

# by harusukisuki | 2007-02-05 22:08 | 独り言

予想外の予定

いやー、何でこうなったのか?
それが決して悪かったわけではないのだが・・・。

昨夜、急遽レンタカーを借りて遠出することにした。
一体どこがいいかと考えに考え、自分の大好きな富士山と春瑠が喜びそうな動物をキーワードに、出た結論が富士サファリパーク。
ところが夜中に春瑠がやたらと夜鳴きで目を覚まし、どうもおかしいと体温を測ると平熱よりも若干高い。
うーん、ここは無理をするよりも春瑠の体調を思って・・・・。
レンタカーをキャンセル。日帰り旅行はまたの機会に。

ところがである。
朝になると春瑠君は絶好調。
なーーーーーんや!

嫁ハンが弁当を用意してくれていたから、それを持ってどこに行こうか。
雲ひとつないお天気ながら、風はビュービュー。
新宿御苑にお弁当もってピクニック気分というわけにもいかず、結局練馬駅近くの公園に。
それはそれでよかったのだが、何ともいえない気分・・・・。
弁当を食べ終わり、そのまま帰ろうかとも思ったが、どうにも釈然としない。
それで何となく大江戸線に乗った。どこに行くつもりではなかったが。仕方なく青山一丁目へ。

何となくブラブラして、絵画館前の銀杏並木へ。
c0102475_2155551.jpg
イベントが行われていて、偶然車がシャットアウトされていたので、思いがけない写真が撮れた。道路が春瑠の貸切みたい。

その後も何となく246沿いの行きつけのカフェでお茶を飲み、表参道ヒルズのMISTでラーメン。さらにル・コックでリュー・ド・コックのジャケットを嫁ハンに買ってもらったり。
結局何となく、流れに任せたままの一日だった。
それがどうにも嫌だったというわけではないけれど、ちょっと釈然としない気分。
まぁ春瑠に何もなかったから、よしとしようか。


MISTは前に入ったときよりも、美味くなっていた気がした。嫁ハンも「おいしい!」と喜んでいた。
[PR]

# by harusukisuki | 2007-02-04 22:03 | 日記

春瑠とお留守番

午前中は嫁ハンが私用で出掛けていたので、春瑠とふたりでお留守番。
2月とは思えない素晴らしいお天気につられ、近所の公園へ。
うららかな日差しの中で春瑠と一緒に遊んだ。
c0102475_20432098.jpg
ブランコに乗ってご満悦の春瑠。

毎日春瑠と遊んでばかりいるようだが、仕事のほうは順調である。
[PR]

# by harusukisuki | 2007-02-03 20:45 | 日記

ママの帰りを待つ

嫁ハンの勤務の関係で、このところ春瑠の保育園への送迎はほとんど自分が担当。
今日も原稿を書き上げると、4時半過ぎに春瑠の保育園へ。
ただ今はJがキャンプで、日本代表は活動自体がない。だから自分が家にいることが多い。しかしJリーグが開幕し、代表が動き始めたなら・・・・。
今月下旬には五輪代表の試合があるし、3月頭には数日九州に行かなくてはならない。
まぁその時になれば、なるようになるのだが・・・・。

とりあえず今日も春瑠は元気、元気!
c0102475_20585556.jpg

[PR]

# by harusukisuki | 2007-02-02 20:59 | HARU

作戦失敗

DVDを借りてきた。
アンパンマン。
春瑠の異常な「バジュ、バジュ」ブームを収束させるために、目先を変えるという意味でトイストーリーに代わるソフト。
しかし・・・・。


ダメでした( ̄ω ̄;)

しばらく見ていたが、20分もすると別のことに気をとられ始めた。
これがバズ・ライトイヤーなら釘付けなのに。
敵も然る者。一筋縄ではいかない。
相手を甘く見ていた。
何せ春瑠である。


春瑠の「バジュ」ブーム。一体いつまで続くのか・・・・。
[PR]

# by harusukisuki | 2007-01-30 22:37 | 日記

ダイソー恐るべし

いやー、何でも揃う。ビックリした。
近所に店がないことと、我が家が車に乗らない家庭ということもあるのだが、これまでダイソーに全然縁がなかった。
しかし今日行ってみてビックリ。何でもあるやないですか!
インテリアから食料品にいたるまで、安い!安い!
ディズニーのキャラクターグッズだって100円。
春瑠の大好きなバズライト・イヤーのグッズも選ぶのに困るほど。
先週、神田の結婚式で行ったディズニーリゾートで買ったバズのキーホルダー。800円ほどだったが、ダイソーなら100円。ちょっと損した気分・・・・。
何でもある。何でも揃う。ダイソー、恐るべしw( ̄Д ̄;)w

そのダイソーに行ったのは偶然。大井町の駅前にあった。
本来は近くのしながわ水族館に行ったのだ。
お魚好きの春瑠。夏の伊豆に続いて2回目の水族館。
c0102475_218288.jpg
イルカのショーを見て、お魚に興奮して、ママの手作りお弁当を食べて、一日を目一杯楽しんだ春瑠。
明日も元気で!
[PR]

# by harusukisuki | 2007-01-28 21:42 | 日記

再就職先

ヤマの移籍先が栃木SCに決まった。
とりあえず良かった。
ひとりの友人として、何とかサッカーを続けて欲しいと思っていた。
数年後、ウチがオファーを出せるように、現役で頑張れとはいってある。
できるだけ早くウチが上に行かないと、ヤマがヨボヨボニなってまう( ̄ω ̄;)
[PR]

# by harusukisuki | 2007-01-26 23:58 | フットボール

ギャラクシー

知り合いの元Jから電話があった。
「アメリカのLAギャラクシーのトライアウトを受けようと思うんですが、何か情報ありますか?」
って。えらい突然やな。
彼は高校を卒業してすぐにJリーグ入り。しかし志半ばにして2年で解雇になってしまった。その後4年間大学でサッカーを続けたが、残念ながら卒業時にJからのオファーはなく、サッカーの道を断念していた。

ひとりの社会人として歩み始めた中でのトライアウト。
「新聞の記事で見てしまったもので」
これも何かの縁なのかもしれない。彼の中に燻っていた何かが、ムクムクと頭をもたげてきたのかもしれない。
勿論それがアメリカであったことは大きい。「英語圏でサッカーを続けることに興味があります」といい、オーストラリアやニュージーランドなどでもトライアウトの機会があれば、チャレンジしてみたいという。
逆に日本でのプレーは考えていないようで、
「本当に記事をみてしまったからなんです。知らないところでサッカーをすることに何かを感じたんで」
というから、彼には彼なりの考えがあってのことなのだろう。
それにとやかくいう立場でもこちらはないし、本人がサッカーに戻りたいというのなら、それを積極的に後押ししてやろうと思う。

もうトライアウトまでに充分な時間はない。急ごしらえだが、とにかく体を作り、少しだけでも英語の勉強をしてチャレンジしろよ。
ただし専門誌の知り合いにも訊いてみたが、情報と呼べるものはこの日本にはほとんどないようだ。リスクは大きいが悔いのないようにやって欲しい。
これが彼のサッカー人生の集大成になるのかもしれないし・・・。
[PR]

# by harusukisuki | 2007-01-23 23:06 | フットボール